係長に求められるストレスコントロール力

いつ寝首を掻かれるかもわからない戦国時代の武将に比べればまだましなのかもしれませんが、現代はストレスの多い時代と言われます。会社では目標達成のノルマに追われ、顧客のクレームに謝罪し、コンプライアンスにも注意を払う必要があります。また、職場の人間関係にストレスを感じる人もいるでしょう。

ストレスが高まると、緊張したり不安になったり、イライラしたりします。人によって個人差がありますが、ストレスがかかりすぎると、自身の能力を発揮できなくなることが多いものです。しかし、ストレスは一概に悪い影響を与えるとは限りません。適度なストレスを感じることによって、人は自分の持てる能力を最大限発揮することができるようになるものなのです。

ストレスは良いものではありませんが、悪いものでもありません。あまり良い例ではありませんが、締切が迫ってお尻に火が着いて初めてエンジンがかかる人がいますね。これはストレスがかかることによって高いパフォーマンスを引き出していると考えることができます。「火事場のクソ力」「一夜漬け」なども、ストレスによって得られるハイパフォーマンスの例と言えます。

ストレスは外部の環境変化に適応しようとする生体反応です。ストレスが高まると、イライラしたり不安になったりするのは、外部からのストレスに体が反応しているからです。自分にとって何がストレスであるかを知ることは大切です。ストレスと上手に付き合うことで、係長として生産性を高めることができるからです。ストレスをコントロールできる人は係長としても成果を出しやすい傾向にあります。

ストレスをコントロールできるということは、どんなに環境が変化しても安定的に自分のパフォーマンスを発揮できるということです。プレッシャーがかかる場面においても、普段と変わらずリラックスした行動が取れる人は、自分の中で上手にストレスをコントロールしているのです。

ストレスを制する者はビジネスを制する。ストレスだらけのビジネス社会であればあるほど、ストレスをコントロールする力が求められるのです。

スポンサードリンク

関連記事

i_mgt

係長に求められるマネジメント能力

係長はマネジメントのいろはを覚える第一歩となるポジションです。会社内の最小単位のチームともいえる係の

記事を読む

no image

係長は部下面談を効果的に活用しよう

「日頃から顔を合わせているので、改まって部下と面談する機会が少ない」 「必要なとき以外は、部下とは

記事を読む

no image

係長は女性活用で差をつけよう

「紅一点じゃ、足りない」 これは、内閣府が公募した男女共同参画週間キャッチフレーズの最優秀作に

記事を読む

no image

係長の役割とは

係長の役割とは、端的に言うと、係という最小単位のチームの責任者として、組織の成果を導くことです。

記事を読む

no image

自分の言葉で語ってこそ説得力が出る

係長としての自分の言葉に説得力がないな、と思った方は、もっと自分の言葉で語るよう意識してみると良いか

記事を読む

no image

上司の視点で考える

一段上の視点で考える習慣を身に付けると、仕事がスムーズに運びやすくなります。より高い視点から係長の立

記事を読む

no image

部下の不満を処理するのも係長の役割

「なぜ結果が出ないんだ?」 「そう考える根拠は?」 ロジカルシンキングやコーチング(まがいの

記事を読む

no image

係長とサーバントリーダーシップ

「うまくリーダーシップを発揮できない」 「どうしてみんなついてきてくれないのだろう」 自分の

記事を読む

no image

転職活動が係長の能力アップに役立つ理由

会社にしがみつかない生き方がもてはやされています。終身雇用制度が崩れ、年功序列で昇進昇格する時代では

記事を読む

no image

環境変化に対応できるマネジメント力を養うには

慣れた職場環境では活躍できるのに、状況が変わると活躍できなくなる係長がいます。 「顧客の要求が

記事を読む

スポンサードリンク

no image
係長とサーバントリーダーシップ

「うまくリーダーシップを発揮できない」 「どうしてみんなついてきてく

i_mtg
チーム会議を生産的にするポイント

チームミーティングを定期的に行っている係長は多いと思います。ミーティン

no image
係長は部下面談を効果的に活用しよう

「日頃から顔を合わせているので、改まって部下と面談する機会が少ない」

no image
係長への昇進・昇格試験

大企業では、係長に登用する人材を「人材アセスメント」という昇進・昇格試

no image
係長の英語トレーニング

英語を公用語として、全社員に英語学習を推奨する企業が出てくるなど、日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑