係長の英語トレーニング

英語を公用語として、全社員に英語学習を推奨する企業が出てくるなど、日本のビジネス社会でも英語力が求められる時代になりました。

まるで英語ができないとビジネスパーソン失格の烙印を押されかねない風潮ですが、今後ますますグローバル化するビジネス環境を考えれば、仕方のないことなのかもしれません。日本ではまだまだ英語を使う必要性に迫られることが多くありませんが、今後英語でビジネスを行う頻度が増えていくと同時に、英語ができない人は肩身の狭い思いをすることになりそうです。

係長にとって英語力を身に付けることは、今後の自分のキャリアを防衛するうえでも重要です。このまま英語力を身につけずにいると、かつての「パソコンを使えない中年管理職」の二の舞です。ITが急激に普及するとともに、彼らはパソコンを使いこなせる若手社員や派遣社員とのギャップに苦しんだものです。彼らの多くが「パソコンも使えない無能な管理職」として、キャリアの後半をリストラに怯えながら過ごすことになりました。

同じように、まだ英語力を身につけていない係長は、「英語も話せない管理職」として、キャリアの後半を片隅に追いやられるリスクを抱えています。なんとか英語を話せなくても定年退職まで逃げ切り勝ちを収めたいところですが、そうそう世間は甘くないでしょう。

英語を理由にリストラの憂き目に合わないためにも、今から英語力を身につけておく必要があります。

たしかに日本人の英語力不足は危機的状況なのです。日本人の多くは長い期間をかけて英語を学習しますが、それは英単語であったり、文法であったり、どちらかという読解力を重視した勉強でした。日本人に不足しているのは、英語でコミュニケーションするスキルです。

なぜ、私たち3ヶ月で英語が話せるようになったのか? 日本人が英語を話せない3つの重要な事実とは?

英語でのコミュニケーションスキルを身に付ける一番の近道は誰かと英語で会話する経験を積むことです。幸いなことに、最近ではスカイプなどを使った低価格の英会話レッスンが提供されています。そういう便利なサービスを使いながら、英会話の実践経験を積むことが、係長として有効な英語トレーニングといえます。

スポンサードリンク

関連記事

no image

係長への昇進・昇格試験

大企業では、係長に登用する人材を「人材アセスメント」という昇進・昇格試験で選抜することがあります。人

記事を読む

no image

係長にお勧めのインバスケット演習

マネジメント能力や問題解決力を鍛えたい係長におすすめしたいのが「インバスケット演習」です。 イ

記事を読む

no image

SWOT分析で自分自身を棚卸しする

係長であれば「SWOT分析」を基本的知識として押さえ、必要に応じて効果的に使いこなせるようになってお

記事を読む

no image

自分の言葉で語ってこそ説得力が出る

係長としての自分の言葉に説得力がないな、と思った方は、もっと自分の言葉で語るよう意識してみると良いか

記事を読む

no image

環境変化に対応できるマネジメント力を養うには

慣れた職場環境では活躍できるのに、状況が変わると活躍できなくなる係長がいます。 「顧客の要求が

記事を読む

no image

係長の役割とは

係長の役割とは、端的に言うと、係という最小単位のチームの責任者として、組織の成果を導くことです。

記事を読む

no image

課題設定の違いが成果の違いを生む

係長ともなると、自分の会社、チームが抱える課題を自分の言葉で語ることが求められます。 しかしそ

記事を読む

no image

係長は部下面談を効果的に活用しよう

「日頃から顔を合わせているので、改まって部下と面談する機会が少ない」 「必要なとき以外は、部下とは

記事を読む

i_mgt

係長に求められるマネジメント能力

係長はマネジメントのいろはを覚える第一歩となるポジションです。会社内の最小単位のチームともいえる係の

記事を読む

no image

ロジカルシンキングはなぜ必要なのか

ロジカルであるとは、根拠や理由を客観的に示しながら、自分の考えに納得感のある筋道を立てることです。

記事を読む

スポンサードリンク

no image
係長とサーバントリーダーシップ

「うまくリーダーシップを発揮できない」 「どうしてみんなついてきてく

i_mtg
チーム会議を生産的にするポイント

チームミーティングを定期的に行っている係長は多いと思います。ミーティン

no image
係長は部下面談を効果的に活用しよう

「日頃から顔を合わせているので、改まって部下と面談する機会が少ない」

no image
係長への昇進・昇格試験

大企業では、係長に登用する人材を「人材アセスメント」という昇進・昇格試

no image
係長の英語トレーニング

英語を公用語として、全社員に英語学習を推奨する企業が出てくるなど、日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑