仕事を抱え込む係長が組織にもたらす悪影響

係長の役割は、一担当者が担う役割とまったく異なります。一担当者は個人プレイヤーであり、自分の手足を直接動かして仕事の成果を出せばいいわけです。

係長が担当者と同じようなプレイヤー的な仕事をしてしまうと、「仕事を抱え込むな」と注意されます。係長は、マネージャーとして部下に的確な指示を出し、部下を動かすことで仕事の成果を出すことが求められるのです。

そんな場面に直面したとき、優秀なプレイヤーであった人ほどもどかしい思いを感じます。

「なんでこんな簡単なこともできないの?」
「自分がやった方が手っ取り早い」

と思い通りに動かない部下にイライラを感じてしまうものです。

しびれを切らして、

「ダメだな。おれのやり方を見てろ」
「もういい。おれがやるから」

と、自分がプレイヤーとして動いてしまうのは係長失格です。

仕事を抱え込んだり、自らがプレイヤーとして動いてしまう係長が組織にもたらす悪影響は2つ。

部下の自主性を阻害する

係長が口出しすることで、部下は言われた通りにやればいいと考えるようになり、自分で工夫して仕事を組み立てようとしなくなります。部下は「仕事をやらされている」気持ちが強くなり、仕事に対する主体性を失ってしまいます。
また、係長がプレイヤーとして動いてしまうと、部下が新しい仕事にチャレンジしたり、経験を積んだりする機会を奪い取ってしまうことになります。

係長自身が重要な仕事に時間を投入できない

係長自身も、部下がやるべき仕事に労力をかけることで、本来係長が取り組むべき重要な仕事に費やすべき時間がなくなってしまいます。

要領の悪い部下に余計な口出しをしたくなるのは分かりますが、そこはぐっとこらえて部下にある程度仕事を任せていくことが大切です。

スポンサードリンク

関連記事

no image

部下の不満を処理するのも係長の役割

「なぜ結果が出ないんだ?」 「そう考える根拠は?」 ロジカルシンキングやコーチング(まがいの

記事を読む

no image

係長の英語トレーニング

英語を公用語として、全社員に英語学習を推奨する企業が出てくるなど、日本のビジネス社会でも英語力が求め

記事を読む

no image

係長は部下面談を効果的に活用しよう

「日頃から顔を合わせているので、改まって部下と面談する機会が少ない」 「必要なとき以外は、部下とは

記事を読む

no image

SWOT分析で自分自身を棚卸しする

係長であれば「SWOT分析」を基本的知識として押さえ、必要に応じて効果的に使いこなせるようになってお

記事を読む

no image

係長に求められるストレスコントロール力

いつ寝首を掻かれるかもわからない戦国時代の武将に比べればまだましなのかもしれませんが、現代はストレス

記事を読む

i_kisoryoku

係長は社会人基礎力を磨こう

――マネジメント能力と言われても、具体的に何をどう磨けばいいのかわからない。 そんな係長のみな

記事を読む

no image

課題設定の違いが成果の違いを生む

係長ともなると、自分の会社、チームが抱える課題を自分の言葉で語ることが求められます。 しかしそ

記事を読む

no image

ロジカルシンキングはなぜ必要なのか

ロジカルであるとは、根拠や理由を客観的に示しながら、自分の考えに納得感のある筋道を立てることです。

記事を読む

no image

環境変化に対応できるマネジメント力を養うには

慣れた職場環境では活躍できるのに、状況が変わると活躍できなくなる係長がいます。 「顧客の要求が

記事を読む

no image

係長とサーバントリーダーシップ

「うまくリーダーシップを発揮できない」 「どうしてみんなついてきてくれないのだろう」 自分の

記事を読む

スポンサードリンク

no image
係長とサーバントリーダーシップ

「うまくリーダーシップを発揮できない」 「どうしてみんなついてきてく

i_mtg
チーム会議を生産的にするポイント

チームミーティングを定期的に行っている係長は多いと思います。ミーティン

no image
係長は部下面談を効果的に活用しよう

「日頃から顔を合わせているので、改まって部下と面談する機会が少ない」

no image
係長への昇進・昇格試験

大企業では、係長に登用する人材を「人材アセスメント」という昇進・昇格試

no image
係長の英語トレーニング

英語を公用語として、全社員に英語学習を推奨する企業が出てくるなど、日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑