チーム会議を生産的にするポイント

チームミーティングを定期的に行っている係長は多いと思います。ミーティングには係のメンバーが時間を割いて集まるわけですから、その時間を有効に活用できるかどうかで成果に大きな差が出てきます。ここでは、チームミーティングを生産的にするいくつかのポイントを示しておきましょう。

i_mtg

ミーティングの目的を明確に設定する。

ゴールのない話し合いほど生産性を下げるものはありません。だらだらといつまでも続く会議が多いのは、目的が明確に設定されていないからです。ミーティングを始める前には、「何のために話し合うのか」ということをしっかりと示し、メンバーで共有することが重要です。

ミーティングの議題を絞る。

チームで会議を行う際には、重要性の高い議題に絞り込むことが大切です。チームが抱える問題が多くても、あれもこれも議題に出すのは好ましくありません。どれもが中途半端になって、結局結論が出ないまま時間切れ、ということにもなりかねないからです。限られた時間の中で有意義な結論を導き出すためにも、できるだけ議題は少なくしたほうが良いでしょう。

メンバーの意見を引き出すことに注力する。

会議を有意義にするためには、より多くのメンバーから多様な意見を引き出すことが大切です。よくあるのが、係長が延々と話し続け、他のメンバーは聞く一方というパターン。このような独演会的な会議からは何の付加価値も相乗効果も生まれません。メンバーの多様な意見を引き出し、それらを化学反応させることで、誰もが考えもしなかったようなアイデアが生まれるのです。

そのためにも、係長は話しすぎてはいけません。考えを述べるときは、いちばん最後にしたほうがいいでしょう。先に係長が自分の考えを述べると、メンバーがその考えに影響を受けたり遠慮したりして、自分の考えを発言できなくなってしまう恐れがあります。

これらのポイントに気をつけながら、係長としてチームミーティングを生産的なものにしていってください。

スポンサードリンク

関連記事

no image

SWOT分析で自分自身を棚卸しする

係長であれば「SWOT分析」を基本的知識として押さえ、必要に応じて効果的に使いこなせるようになってお

記事を読む

no image

自分の言葉で語ってこそ説得力が出る

係長としての自分の言葉に説得力がないな、と思った方は、もっと自分の言葉で語るよう意識してみると良いか

記事を読む

no image

係長の英語トレーニング

英語を公用語として、全社員に英語学習を推奨する企業が出てくるなど、日本のビジネス社会でも英語力が求め

記事を読む

no image

環境変化に対応できるマネジメント力を養うには

慣れた職場環境では活躍できるのに、状況が変わると活躍できなくなる係長がいます。 「顧客の要求が

記事を読む

no image

係長に求められるストレスコントロール力

いつ寝首を掻かれるかもわからない戦国時代の武将に比べればまだましなのかもしれませんが、現代はストレス

記事を読む

i_mgt

係長に求められるマネジメント能力

係長はマネジメントのいろはを覚える第一歩となるポジションです。会社内の最小単位のチームともいえる係の

記事を読む

no image

上司の視点で考える

一段上の視点で考える習慣を身に付けると、仕事がスムーズに運びやすくなります。より高い視点から係長の立

記事を読む

no image

部下の不満を処理するのも係長の役割

「なぜ結果が出ないんだ?」 「そう考える根拠は?」 ロジカルシンキングやコーチング(まがいの

記事を読む

no image

係長には中小企業診断士の資格を勉強してほしい

係長の皆さんにぜひ学んでほしい資格が「中小企業診断士」です。「中小企業」とありますが、大企業の係長も

記事を読む

no image

ロジカルシンキングはなぜ必要なのか

ロジカルであるとは、根拠や理由を客観的に示しながら、自分の考えに納得感のある筋道を立てることです。

記事を読む

スポンサードリンク

no image
係長とサーバントリーダーシップ

「うまくリーダーシップを発揮できない」 「どうしてみんなついてきてく

i_mtg
チーム会議を生産的にするポイント

チームミーティングを定期的に行っている係長は多いと思います。ミーティン

no image
係長は部下面談を効果的に活用しよう

「日頃から顔を合わせているので、改まって部下と面談する機会が少ない」

no image
係長への昇進・昇格試験

大企業では、係長に登用する人材を「人材アセスメント」という昇進・昇格試

no image
係長の英語トレーニング

英語を公用語として、全社員に英語学習を推奨する企業が出てくるなど、日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑